いくらお買い上げでも送料無料

リクライニングソファの商品一覧です。

カテゴリ人気ランキング

TOP > リクライニングソファ

リクライニングソファの月間人気ランキング

11月4日~12月3日の1ヶ月の人気ランキングです。

リクライニングソファに関する購入ポイント

リクライニングソファをご購入するためのポイントを説明しております。

おすすめのリクライニングソファ

リクライニングというと、飛行機のシートのような姿を想像しますが、ここにあるソファにはもっといろいろなタイプがあります。背の角度を微調整してゆったりするのに適したものも、ぱたりと倒してベッドにすることに重きをおいたソファベッドもありますので、ご自分の使いかた、スペースに合ったものをお選びください。

スペースにある程度余裕があり、ホームシアターのような使い方をして楽しみたいなら、背が倒れてフットレストが上がってくる、どっしりしたリクライニングソファが良いでしょう。1人掛けから3人掛けまでバリエーションが揃っており、1人掛けならプライベート感たっぷりにゆっくりできますし、3人掛けなら間にテーブルを挟み、二人でホームシアターを満喫することができます。

あまり大きな家具をいくつも置けないとか、お子さんがいて高さのあるものを避けたいという場合は、フロアタイプで、肘かけまで調整できるタイプがおすすめです。色バリエーションも豊富で、明るいインテリア作りにも役立ちます。

来客が多く、お客さまが寝るのに使いたい場合は、背全体が倒れるソファベッドが便利です。サイズもきっちりベッドと同じくらいになるので、ソファとはいえ快適にお休みいただけるでしょう。

リクライニングソファの配置

リクライニングソファは、いつでも気軽に倒して使えるのが一番です。何かをどかしたり、本体を動かしたりしてから倒す、という作業になると、大型のモデルであるほどだんだん面倒になって、使わなくなるか、倒しっぱなしの状態にしてしまいがちです。せっかくの機能を思いきり活用できるように、購入前にリクライニング分のスペースを確認して、余裕をもって配置しましょう。

背全体が後ろに倒れるソファベッドタイプの場合は、後ろに人が通れるくらいの空間をとっておきます。搬入時に、まず全面広げて配置してからたたむと無駄がありません。座面が前に広がっていくタイプのソファベッドは、広いスペースを必要とします。正面にテレビボードや棚を置く場合は、そこまでの距離を確認しておきましょう。テーブルが前にあるのは仕方ないかもしれませんが、動かす必要がでてきますので、比較的軽いものか、キャスター付きなどにすると良いです。ソファの前にリビングテーブルを置くのではなく、両サイドに、小型でやや高めのサイドテーブルを置くと便利です。フロアタイプの小型ソファの場合は、座った状態で足が入り、ちょうどいい高さで使えるテーブルを合わせてみてください。