いくらお買い上げでも送料無料

3人掛け以上ソファの商品一覧です。

カテゴリ人気ランキング

TOP > 3人掛け以上ソファ

3人掛け以上ソファの月間人気ランキング

4月29日~5月28日の1ヶ月の人気ランキングです。

3人掛け以上ソファに関する購入ポイント

3人掛け以上ソファをご購入するためのポイントを説明しております。

3人掛け以上のソファのサイズ

2人掛けやその他のサイズでも同じことですが、ソファはボリュームやデザインによって、何人掛けかという定義が大きく異なります。170cm幅で3人掛けというのもあれば、それは2~2.5人掛け、と分類しているものもあります。3人掛けじゃうちには入らない、と諦める前に、寸法をチェックしてみてください。意外とこれなら大丈夫、というものもあるかもしれません。特に北欧デザインのすらりとしたソファは、シートが広くてもボリュームが少なく、幅をとらないものが多いです。逆に中身をたっぷり入れたソファだと、2人掛けでも結構大きい、ということもあります。また、分割できる床置きの低いソファなら、搬入の難しい縦長の住宅などにも入れやすく、合わせて置けば広々使えます。

3人掛けだと、背を倒してフルフラットにし、ベッドとしても使えるソファベッドが多く出てきます。一見それとわからないスタイル性があり、背を倒すだけなので操作も簡単です。全部倒してベッドにすれば、普通のベッドと同等の広さがあります。押入れのない住宅が増えていますから、来客用の布団が保管しづらいというお宅には便利な1台です。座の下に収納もつけた、至れり尽くせりなタイプもあります。

3人掛け以上のソファの選び方

大型ソファを選ぶにあたっては、寸法と構造が大事なポイントになります。置く場所の幅、奥行きに合うことはもちろんですが、廊下、エレベーター、階段など、通り道全てをクリアできるのは最大どのくらいまでか、把握しておくことが大事です。リビングは広いのに、途中の廊下や階段がネックで不安、という場合は、ばらばらにして組み合わせができる、フロアタイプにすると良いでしょう。せっかくの広さがあるならのびのび座れるソファが欲しいですよね。小さなお子さんがいるお宅にも、高さがないフロアタイプは適しています。

見かけは同じでも、ソファの価格ってどうしてこんなに違うの?と疑問に思うかたも多いと思いますが、この違いは構造、材料と、作った手間の積み重ねの表れです。ソファは骨組みも中のクッションも見えませんから、全く違う材料で、同じ見かけのものを作ることができます。しっかりした材で骨を組み、高品質なウレタンや高機能綿を重ねて独特で長持ちする座り感を出し、人の手で丁寧に仕上げられたソファは、やはりそれなりの価格がしても仕方ないと感じます。本サイトでは、中身の構造を断面図などで見せている箇所がありますので、そのあたりもちょっと注目してみてください。