TOP > 一人暮らしのためのソファー選び

一人暮らしのためのソファー選び

一人暮らしに最適なソファベッド

ここではお一人暮らしでお部屋のスペースが限られている方へのソファ選びについて記述致します。

まず、お一人で使うならば、座椅子はスペースも取らずたたんでしまえるものもあるので有効かと思います。また、ちゃんとしたソファが欲しい場合、毎日のお布団の上げ下げが苦労にならないのでしたらソファーベッドもベッドのスペースをお昼間はソファスペースとして有効に使えるので便利ですね。たたむとソファやカウチとなり、広げるとベッドになるタイプのソファベッドは3つのサイズからお選び頂けるものもあります。60cm、90cm、120cmの3つの大きさ展開があるソファベッドでは、90cmや120cmのものが来客にも対応出来、また寝るスペースの幅としてもゆったりとしたスペースで眠れるのでとてもいいでしょう。

寝る面を半分リクライニングで起こしてソファにするタイプのソファベッドもあります。レトロにも、モダンにもどちらの雰囲気にも合う、こういったベッドはお昼間はお部屋の主役となれるのではないでしょうか。

クッションソファ

また、ソファの置く場所に少しゆとりがある場合、フロアタイプのクッションソファを選んでもいいかもしれません。お部屋の中にころんとした大きなクッションタイプのソファはもちもちした座り心地でつい癒されます。また、サイズも1人掛けから2人掛けタイプと2種類ご用意がありますので、お部屋のスペースに合った大きさを選ぶといいでしょう。カラーも8種類から選べるのでお部屋に合ったカラーが必ず見つかるはずです。

一人で座る座椅子ならば、ゲームを長時間する人の為に開発された、背もたれの部分を切り取る事によって椅子を逆にし、背もたれ部分に、ゲーム等長時間していると疲れがちな腕を置く事が出来る座椅子もあります。腕を置く部分はリクライニングになっていて、まっすぐ伸ばして逆にすれば通常の座椅子の背もたれ部分にも変化する多機能座椅子です。

コンパクトなコーナーカウチタイプ

ある程度お部屋のスペースに余裕があって、通常の2人掛けソファや2.5人掛けソファではまだ物足りない、来客が多い等のお客様のご要望にお応え出来るのが、コンパクトサイズのコーナーカウチソファです。6畳のお部屋にベッドとこのソファセットを置いても、お部屋に窮屈感は与えません。余計な家具等がない場合さらに有効に使える事でしょう。座面を入れ替えるだけで色々なレイアウトが楽しめ、オットマンを離して使う事も出来ます。来客が多い時等はオットマンを離して使うのもいいですね。また右カウチ、左カウチにも座面を入れ替えるだけなのですぐにレイアウト変更が出来ます。また、部屋を広く見せたい時は脚を付け替えるだけでロータイプでの使用も可能です。

お部屋の空いているスペースを上手に活用して、それぞれのライフスタイルにあったソファを選びたいですね。

  • 商品数:0点
  • 小計:0円
カゴの中を見る
ソファ選びのためのヒント
営業日カレンダー
2017年2月の営業日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
2017年3月の営業日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
※赤字で書かれた日はメールの返信や出荷作業はお休みです。
  • ベッドスタイル
  • ソファースタイル
  • ラグスタイル