1. ソファの選び方・使い方
  2. 14927 view

ソファでの読書時間をもっと快適に【読書向きソファ4タイプ】

読書好きな方にとって読書に没頭できる環境は大切ですよね。そんな方におすすめなのが一人用ソファ!一人用ソファは、読書に集中できる環境を与えてくれるアイテムですよ。

今回は、読書中に起こりがちな悩みを解決できる一人用ソファを選ぶコツの特集です。あなたの読書時間をもっと快適にしてみませんか?

読書中に起こりがちな悩み

まずはじめに、読書愛好家なら1度は体験したことのあるお悩みについて見ておきましょう。

集中できない

集中して読書したいのに、周りの音や動きが気になって読書に没頭できないときってありますよね。家族が過ごすリビングなどでは良く起こりがちだと思います。ゆったりと広いソファでの読書も良いですが、子供が一緒に座っていたりすると落ち着かないですよね。

そんなとき、一人用のソファがあれば、誰にも邪魔されずに読書時間を過ごすことができます。さらに、キャスター付きなどといった移動しやすいタイプのソファは心強いですよ!

眼精疲労

読書につきものと言っても過言ではない眼精疲労。現代では、読書以外にもパソコンやスマートフォンの使用で眼を酷使していますよね。最近では、電子書籍を利用される方もいらっしゃるでしょう。

眼精疲労を少しでも軽減するには、適度な明るさの照明が必要です。電子書籍の場合には、デバイスの明るさにも注意が要りますね。また、読書時の姿勢も重要です。椅子やソファに深く腰掛けることができる姿勢が理想とされています。

身体への負担

読書後に、肩が凝った、腰が痛いなどというご経験はありませんか?読書に集中してしまうとついつい同じ姿勢になります。時々、体勢を変えたり、ストレッチしたりすることで身体への負担を抑えられると言われていますが、なかなか忘れがちですよね。

やはり、読書ソファを検討するときは、身体への負担が少ないものを選びたいところ。快適な姿勢を保てるソファを利用することで眼精疲労も抑えられる可能性があります。

読書向きソファ4タイプ

では、具体的にどういったソファタイプが読書に向いているのでしょうか?せっかくであれば身体への負担を減らして、楽しく読書したいですよね♪そんな気持ちが叶うソファタイプをご紹介していきます。

ハイバックタイプ

背もたれの高いハイバックタイプ。ラグジュアリーな雰囲気を作ってくれます。背もたれが高いと、座っているときに安心感があるのでリラックスもできますね。優雅な読書時間を楽しみたい方にはとてもおすすめです!

また、こちらのタイプは疲れにくいのが特徴。背もたれが高いので、頭から腰までソファに託すことができます。そのため、自然に理想的な姿勢を保つことができるのです。

ただし注意点があります。沈み込みすぎる素材が使われているデザインや、背もたれが倒れ過ぎてるデザインは避けたほうが賢明でしょう。そういったデザインは、少し座るには問題ないかもしれませんが、読書として長時間座るには身体への負担が生じてしまう恐れがあります。

肘掛けタイプ

読書時間で意外と負担がかかっているのは、腕なのです。本を支えていることで腕に負担がかかります。そこで、ソファに肘掛けがあれば、そんなストレスを軽減することができます。

ファブリック素材のようにソフトな張地の肘掛けもあれば、ウッド素材のように固めの肘掛けもあります。そんな所にも着目しながら読書ソファをご検討されると失敗を防げますよ♪

リクライニングタイプ

リクライニングタイプの強みである角度調整は、読書ソファとしては大切なポイントです。読書時に快適だと感じる姿勢は、人それぞれ。リクライニングタイプであれば、個人に合わせた使い方ができるのです。

また、長時間同じ姿勢でいることは、身体の疲れに繋がってしまいます。疲れたなと感じたら、リクライニングを調整しリフレッシュ。

また、ちょっとした仮眠にも適しています。仮眠は、眼を休ませるには最適ですね。

オットマン付きタイプ

長時間にわたる読書となると、座りっぱなしの脚にむくみが生じます。オットマンがあれば脚を伸ばして過ごすことでき、脚の血流を促してむくみ防止に。エコノミー症候群と言われているように、座りっぱなしは健康を害してしまうので気をつけたいですね。

読書ソファのお供にしたいアイテム

読書に向いているソファ、何となくイメージして頂けたでしょうか?より快適な読書時間に欠かせないアイテムは、まだ他にもありますよ♪チェックしてみてくださいね。

クッション

クッションは姿勢を保つのに役立ちます。長時間座っていて姿勢が崩れてきたなと感じたら、ソファと腰の間にクッションを使用すると姿勢が良くなりますよ。また、お尻が痛くなってきたときにも使えます。

クッションの厚さや硬さによって使い心地も様々。お好みに合うものを探してみてくださいね♪

オットマン

読書用に購入したソファが、オットマンとセットではなかった方もご安心ください。オットマンは単品でも購入することが可能です。

足腰の負担を考えると、オットマンはソファの高さより少し低いものを選ぶと良いでしょう。購入されるときは、ソファの高さとオットマンの高さのチェックをお忘れなく。

ブランケット

長時間同じ姿勢でいると血流が悪くなります。冬場はもちろん、冷房の効いた夏の室内でも、知らず知らずのうちに身体が冷えてしまいます。膝にブランケットをかけるだけで冷えを防止することができますよ!

冷えは、読書によって生じる身体への負担を増加させてしまう原因です。ブランケットで、事前に防ぐことができれば安心ですね。

コーヒーテーブル

お気に入りの飲み物を片手に過ごす読書時間。いつものお家時間が、少し特別な時間になりますよね。コーヒーテーブルがあれば、お気に入りの飲み物を置くことができ、本を汚すリスクも減ります。

コーヒーテーブルはソファに横づけできる高さのあるものがおすすめです。ソファに座りながら、片手で飲み物が取れるような高さのあるタイプは便利ですね!

照明

適度な照明を使うことで眼精疲労を防ぐことができるといわれています。お部屋にダウンライトを使っていらっしゃる方は、読書するには灯りが足りないこともあるでしょう。ソファに座りながらの読書は、床に置けるフロアスポットライトがおすすめです。

また、先述したコーヒーテーブルにデスクライトを置くという方法もありますね。ライトはおしゃれなデザインのものが多くあり、インテリアとしても楽しめるアイテムです。読書ソファと素敵にコーディネートみてくださいね。

おすすめの商品

こちらでは、読書に向いているおすすめソファ5つをご紹介していきます。機能的なタイプから、デザイン性の高いタイプまで揃っていますよ。ぜひチェックしてみてくださいね♪

ゲーム好きのために生まれた 多機能座椅子

できるだけ機能的に、そして場所を取りたくない方にぴったりなこちらの商品。脚付きのソファとは異なり、座椅子タイプなので使用しないとき片づけておくことも可能です。一人になれるお部屋へ移動する時も、ソファをラクに移動させることができます。コンパクトな形ながら、リクライニング付きという点も侮れません。前後どちら向きでも座れるので、体勢を変えつつ読書をお楽しみいただけます。

最高技術「曲木」とウォールナットの背面が映える デザインチェア

こちらは、レザー風の張地と木目が粋なチェア。書斎チェアではありますが、スタイリッシュなデザインのため、リビングに置いても自然と馴染みます。肘掛にも張地が施されており、腕も快適。書斎チェアとしてデザインされているだけあって、長時間座る際の身体への負荷を軽減できるアイテムに仕上がっています。キャスター付きタイプは、読書したい場所へ気軽に移動できて便利ですよ。

柔らかな印象を与える天然木のシンプルデザイン 北欧木肘ソファ 1人掛け

こちらのソファは、理想的な背もたれの角度がポイント!読書をするにあたって、長時間座っても疲れにくい角度に設計されています。落ち着きのあるネイビー、グレーの2色展開。どちらも読書時間にぴったりな穏やかカラーです。オットマン(ネイビーのみ)もご用意しているので、セットで購入するのもおすすめです♪

すっぽりはまるホールド感 ファブリック×スチール脚のデザインソファ 1人掛け

包み込んでくれるようなシルエットは、読書に集中するのに最適!座面には沈み込みすぎない弾力のあるウレタンを使用しているので、疲れにくく快適に過ごすことができます。ファブリックのソフトな肌ざわりが癒しを与えてくれるソファです。フォルムもソフトな印象なので主張しすぎず、インテリアの邪魔になりません。

2万人を虜にした10億円ソファ ハイバックカウチソファ 1人掛けタイプ

ハイバックタイプをお探しなら、こちらの商品がおすすめです。背もたれが60センチと安心してもたれることができるデザインとなっています。多層の素材から成る座面にも注目。心地よい座り心地を実現しています。座り心地に加え、存在感のあるラグジュアリーなソファデザインは、読書時間をより充実させてくれる逸品です。

まとめ

読書時間が快適になるソファのご紹介はいかがでしたでしょうか。ソファで読書する習慣がなかった方にも、ぜひ取り入れていただきたいアイテムです。読書向きのソファを上手く使いこなすことで、今までとは少し違った読書時間を味わってみてくださいね。

ソファの選び方・使い方の最近記事

  1. おしゃれで快適!北欧テイストのひとりがけソファー【おすすめ9選】

  2. 【ゴロゴロしたい人必見♪】人気のおすすめごろ寝ソファをご紹介!

  3. 一生ものの高級ソファと出会う!【選び方とおすすめ商品7選】

  4. 【人気のローソファおすすめ10選】人気の理由と選び方・注意点は?

  5. 収納付きソファおすすめ8選!メリット&デメリットと使い方

関連記事

ソファスタイル

おすすめの記事

最近の記事

PAGE TOP