1. ソファの選び方・使い方
  2. 9027 view

失敗しないソファーの選び方を解説&おすすめのソファー5選

ソファーはいろいろな形、サイズ、デザインがあるのでどれにしようか迷ってしまいますよね。ソファーを選ぶ際は、ソファーでの生活をイメージすると決まりやすいです。本記事は、ソファーの選び方をテーマに詳しく解説します。耐久性が高いソファー選びのポイントも解説しますので、そちらも参考にしてみてください。

自分に合う形のソファーを選ぶ

まず、ソファーの種類についてお話していきます。「ソファーはどれも同じでしょ?」と思う人もいるかもしれません。確かにどんなソファーでも座る家具なのは変わりませんが、形によってどんな生活スタイルに向いているか、自分がくつろぐ姿勢に合っているかが異なります。

フロア・ロータイプ

フロアタイプ・ロータイプのソファーは、座面が低く座椅子のような感覚で座る形です。こたつと合わせることもでき、オールシーズン活躍します。

座面が低いので、小さい子供・ペットがいる家庭でも安心です。冬はこたつ+ソファーでゆったりとくつろぎたい人、子供の遊びスペース用におすすめです。

コーナータイプ

コーナータイプのソファーは、L字の形になっているのが特徴です。存在感のあるソファーですが、配置しても部屋をすっきりと見せることができます。

同じデザインの1人掛け・2人掛けソファーがあれば、自分好みにレイアウトすることも可能です。来客用や家族、ワンルームに住んでいる一人暮らしの人にもおすすめです。

ソファーベッド

ソファーベッドは、ソファーとしてもベッドとしても使えるのが特徴です。変形する方法はとても簡単で、ソファーの背もたれを倒すことでベッドに変形するタイプや、座面を引き出すだけでベッドに変形できる折りたたみ式などがあります。

ソファーとベッドをそれぞれ配置できるスペースがない人におすすめです。また、ソファーで寝てしまうことが多い人にもソファーベッドはおすすめですね。

カウチタイプ

カウチタイプのソファーは、足を伸ばしてゆったりとくつろぐことができます。休みの日はソファーでゴロゴロしたい人、座り心地の良さを重視したい人向けです。横になれるくらいにゆったりとしたソファーで、ちょっと仮眠を取りたい時にも◎。

カウチタイプは大型ソファーですが、コンパクトに設計されたものも多く販売されているため、一人暮らしの部屋にも配置しやすいです。

ソファーのサイズ選びに気を付ける

サイズをチェックすることは、ソファー選びで最も重要と言えます。とくに初めてソファーを購入する人が見落としがちなので注意です。

部屋とソファーのサイズを測る

ソファーを購入する前に、ソファーを置きたい位置を測っておきましょう。せっかく新しいソファーを購入したのに、実際に届いたら大きすぎて配置できなかったり、イメージしていたレイアウトにできないなんてことが起こる可能性があります。

置きたい場所のサイズを測り、商品のサイズをしっかりとチェックするようにしましょう。測った後は忘れないようにメモしておくことをおすすめします。

テレビとソファーの距離は?

テレビの前にソファーを置きたい場合、テレビとソファーの距離は130cm以上離しましょう。テレビとソファーの距離が近すぎると目が疲れて視力が低下したり、首や肩がこる可能性があります。

テレビとソファーを置きたい場合は、テレビとソファーの距離も忘れずに測りましょう。

一人暮らしにおすすめのサイズ

一人暮らしには1〜2人掛けソファーがおすすめです。テレビや読書などを楽しみたい、1日中座っていることが多い、などのスタイルの人は1人掛けでも十分です。

横になってゴロゴロしたい、恋人と一緒にくつろぎたい、などのスタイルでしたら2人掛けソファーがおすすめ。お客様や友達が来る時のことを考えたい人は、2~3人掛けソファーが良いでしょう。

2人掛けソファーでも3人座れるの?

2人掛けソファーは、大人2人が密着して座れるサイズです。しかし、2人掛けだからと言って2人しか座れないというわけではありません。ソファーによっては3人でも座れたり、2人でも少し窮屈な場合もあります。

2人掛けソファーのサイズは幅140~170cm、3人掛けソファーは幅170~200cmです。もしも「2人掛けソファーは少し狭いかも…でも3人掛けソファーは大きすぎる」と感じたら2.5人掛けのソファーがおすすめですよ。

耐久性が高いソファーの選び方

ソファーを選ぶ際に、耐久性の高さを重視する人も多いのではないでしょうか。ソファーは日常生活で使用することが多いため、だんだんへたってきて座り心地が悪くなります。また、汚れてしまって買い替えなければならないなんてこともあるでしょう。長持ちしてコスパが良いソファーを選ぶには、以下のポイントをチェックしましょう。

洗えるソファーを選ぶ

数あるソファーのなかには、洗えるカバーリングソファーというものがあります。洗濯方法は手洗い・洗濯機・クリーニングのいずれかです。

万が一汚してしまってもすぐに洗うことができます。いつでも清潔感を保てるので、小さい子供がいる家庭に人気です。

へたりにくい中材を使ったソファーを選ぶ

耐久性を重視してソファーを選ぶのであれば、中材にもぜひ注目してみてください。こちらでは、へたりにくいと言われている中材をご紹介します。

ポケットコイル

ポケットコイルは耐久性が高く、ベッドのマットレスや高級ソファーにもよく使われています。袋に包まれたコイルはそれぞれ独立しており、
体重をバランスよく受け止めます。

へたりにくいだけでなく、長時間座っても疲れにくいのも特徴です。

Sバネ

別名「波型スプリング」とも呼ばれるSバネは、くねくねとした形状が目を惹きます。ポケットコイルよりも耐久性は低めですが、しなやかな弾力が特徴です。

スプリングの衝撃吸収材の中では比較的リーズナブル。座面全体で衝撃を吸収し、包み込まれるようなソフトな座り心地です。

多層構造ウレタン

Sバネと組み合わせて使われることも多い多層構造ウレタンは、特徴の異なるウレタンを組み合わせることでソファーの座面を構成します。

低反発ウレタンでソフトな座り心地を実現しつつ、その下に硬めのウレタンを重ねることで体が沈み込みすぎず、へたりにくい素材に仕上がっています。

ソファーの上手な使い方

お気に入りのソファーを選んでも、使い方を間違ってしまうとあっという間にソファーがへたってしまいます。

例えば、ソファーにドスンと座ったり、ソファーで飛び跳ねたり、重い物をソファーに長時間置いておくなどはソファーに負担をかけてしまいます。

とくに小さい子供がいる家庭は、ソファーが遊び場にならないように気を付けましょう。素材にこだわるだけでなく、ソファーの扱い方にも気を付ければへたりを軽減できます。

【まとめ】ソファ購入前に選び方を知っておくと安心

ソファーは形・サイズ・素材によって、自分の生活スタイルと相性が良いかが異なります。つい見た目だけで購入へ進んでしまいがちですが、特に部屋とソファーのサイズは必ずチェックしましょう。自分だけのソファーが欲しい、友達や恋人と楽しく過ごしたい、休日はソファーでゴロゴロしたい、など理想の生活をイメージして自分に合うソファーを見つけてみてください。

おすすめのソファー5選

最後におすすめのソファーをご紹介します。一人暮らしから家族まで、幅広い生活スタイルに合うソファーをピックアップしました。おしゃれで座り心地も良いソファーばかりなので、模様替えのために新しくソファーを買い替えたい人もぜひチェックしてみてください。

高級感のあるデザイン カバーリングフロアソファ 2.5人掛けタイプ

こちらは、汚れてしまっても安心なカバーリング・ローソファです。背もたれにはポリエステルわたを使用しており、まるで布団のようなふかふか感でリラックスできます。また、背もたれは好きな角度に調整できるため、自分の生活スタイルに合う姿勢でくつろぐことができるのもポイントです。カバーリングですが、見た目はカバーリングソファーに見えず、見た目にこだわる人にもおすすめですよ。

コンパクトサイズで心地良く 14段階リクライニングカウチソファ 1人掛け

こちらは、ひじ掛けと背もたれをリクライニングできるカウチソファーです。リクライニング機能は14段階あり、あなた好みの角度に調整できます。オットマンとセットで使えば、カウチスタイルやベッドスタイルにもできますよ。ポケットコイル使用で、へたりにくさにこだわりたい人にもおすすめです。硬すぎず柔らかすぎず、マットレスのような弾力なので長時間座ってもお尻や腰が疲れにくいです。

カッコイイ 古木風 ヴィンテージカフェスタイルリビングダイニング アームソファ

こちらは、リビングやダイニングにおすすめのヴィンテージ風ソファーです。コンパクト設計になっており、「部屋が狭くてソファとダイニングチェアを置くスペースがない」と困っている人にもおすすめですよ。こちらのソファーはカフェ風のインテリア、レトロ風のインテリアとの相性抜群!ソファーの素材は水に強いレザーが使われています。お手入れが簡単なので、食事用にソファーを買いたい人にもとてもおすすめです。

足まで寛ぐ贅沢スタイル フロアタイプコーナーカウチソファ スエード素材・右コーナータイプ

こちらは、足を伸ばしてゆったりとくつろげるフロア・ローソファーです。マイクロスエード素材が使われているため、ふかふかで温かみのある触り心地も楽しめます。撥水加工もされていて水に強いのも特徴です。柔らかい素材で座面が低いので、小さい子供やペットがいる家庭でも安心して配置できます。軽量なので部屋の掃除をしたい時や、模様替えでソファーを移動させたい時にも楽々です。

遊び心のスパイスを カバーリングモダンデザインローソファ 2人掛け

こちらは、シンプルでおしゃれなデザインが特徴のカバーリングソファーです。カバーは洗濯機で簡単に洗えます。シンプルですが、他とはひと味違うフォルムでちょっと可愛らしいデザインです。個性的なソファーを買おうとすると、派手すぎて浮いてしまいがちですよね。しかしこちらのソファーは、派手ではないのに個性的で落ち着きがあります。他と差をつけられるおしゃれな部屋にしたい人は、こちらのソファーをぜひ置いてみてはいかがでしょうか。

ソファの選び方・使い方の最近記事

  1. 【アジアンソファのおすすめ5選】特徴や選び方もご紹介

  2. 妊娠中でも安心して使える!妊婦さんにおすすめのローソファ5選

  3. 【3万以下で買える】安くておすすめのソファベッド5選!

  4. ミニマリストにソファは必要?あると便利なシーンや注意点を解説

  5. ソファがへたったら元に戻せる?回復方法や座り方の工夫をご紹介

関連記事

ソファスタイル

おすすめの記事

最近の記事

PAGE TOP